SANYO DENKI(山洋電気) JAPAN

プロダクトニュース

生産設備の安定稼動に貢献する
Modbus仕様 「LANインタフェースカード」を発売

2019年8月20日

山洋電気株式会社は,無停電電源装置(UPS)のオプション「LANインタフェースカード」に,業界標準の通信規定Modbus※1を追加しました。
生産設備とUPSがシームレスにつながることで,生産設備の安定稼動に貢献します。

SANUPS A11M

Modbus TCP通信機能搭載モデル

SANUPS A11M

Modbus TCP/RTU通信機能搭載モデル

特長

1. 生産設備の安定稼動に貢献(Modbusスレーブ通信機能)

PLCや監視制御システムなどのModbusマスタから,UPSの状態を監視できます。
システム全体の電源状況が一元管理できるため,生産設備の安定稼動に貢献します。

2. UPSによる監視機能(Modbusマスタ通信機能:業界初※2

UPSがModbusマスタとなり,Modbus対応のセンサ・計測器・I/OモジュールなどのModbusスレーブの状態を監視できます。異常の発生を管理者にメール通知できます。

3. 生産設備への簡単接続

多くの産業機器に採用されている「Modbus RTU※3」とインターネット通信規定を用いた「Modbus TCP※4」が使用できるので,お客さまのModbus機器と簡単に接続できます。

4. 情報機器への接続にも最適

既存の「LANインタフェースカード」と上位互換のため,情報機器にも接続できます。
さらに,仮想化OSやHCI※5などの仮想化基盤をシャットダウンする機能もあります。

※1 Modbus:産業機器間でデータをやり取りするために,標準的に利用されている通信規定。

※2 2019年8月20日現在。当社調べ。

※3 Modbus RTU:Modbusの主流の通信モード。主にRS-485を通じてデータ通信できる。

※4 Modbus TCP:Modbusをインターネットの通信規定であるTCP/IPに拡張した仕様。

※5 HCI(Hyper-Converged Infrastructure):サーバやストレージなどの機能を統合した仮想化基盤。

仕様

機能 ・ コンピュータの自動シャットダウン(マルチプラットフォーム対応)
・ 電源冗長化コンピュータのシャットダウン
・ 復電時のコンピュータ自動起動
・ スケジュール運転
・ UPSの状態表示(Webブラウザ,SSHまたはTelnet対応)
・ SNMPエージェント(RFC1628,JEMA-MIB,山洋電気プライベートMIB)
・ E-Mail送信/受信
・ NTP(Network Time Protocol)対応
・ 設定値ダウンロード/アップロード
・ テスト機能(スクリプト実行,E-Mail送信,SNMPトラップ送信,シャットダウン)
・ syslogサーバへのイベント通知
・ 測定値のしきい値監視機能
・ 統計グラフ表示
・ Modbusマスタ機能/スレーブ機能
・ UPS/Modbus計測値の収集データ保存

※IPv4,IPv6アドレスのデュアルスタックで動作できます。

※登録装置はホスト名,またはIPv4,IPv6いずれかのアドレスで登録できます。

対応プロトコル TCP/IP, UDP, DHCP, SNMP (v1, v2c, v3), HTTP, HTTPs, Telnet, SSH, FTP, FTPs, SMTP (over SSL/TLS), POP3 (over SSL/TLS), APOP, NTP, Modbus RTU, Modbus TCP
消費電力 2.1W以下
外形寸法 W105×D125×H23.5mm

カタログデータ

日本語版 [377KB]

English [303KB]

発売予定日

2019年9月1日

価格

オープンプライス

リリースに記載されている内容はすべて,2019年8月20日現在の実績です。
「SANUPS」は山洋電気株式会社の登録商標です。